petal
インビザライン(マウスピース型矯正治療)

インビザライン(マウスピース型矯正治療)

Invisalign

治療の特徴

point

invisalign
インビザライン矯正治療とは?

インビザライン矯正治療とは、「アライナー」と呼ばれる透明なマウスピースを使用した治療法です。
アメリカのアライン・テクノロジー社によって開発された歯科矯正装置で、これまでに世界100ヵ国以上、1000万人を超える方々がインビザラインによる矯正歯科治療を受けています。

こんな方におすすめ
  • 従来の矯正治療装置を装着する事に抵抗がある方
  • 矯正治療を行っている事を周りに知られたくない方
  • 受付や営業職など人前に立つ仕事の方
  • 金属アレルギーの方
  • 矯正治療中も装置を気にせず食事を楽しみたい方

インビザライン治療の特徴

Feature

装置が透明だから目立たない

インビザラインは透明なマウスピース「アライナー」を用いた矯正装置なので目立ちません。矯正している事に気づかれたくないという方にもお勧めできる矯正治療法です。

患者様一人一人の健康管理

インビザラインの矯正装置は取り外しが可能です。食事も装置なしで食べることができます。歯磨きの際にも取り外すことができる為、普段通りに歯のお手入れができ、口の中を衛生的に保つことができます。

楽器やスポーツなどの制限がない

マウスピースを装着する治療法ですので、従来のワイヤーを使った矯正治療では難しいこともあった楽器やスポーツについても装着したまま行うことが可能です。

痛みをできるだけ抑える

理想的な歯並びとなるように採取したデータをアライン社でシュミレーションし「アライナー」が作製されます。弱い力で歯が移動できるように設計されているため、痛みをできるだけ抑える矯正治療法です。

治療のながれ

flow

  1. 無料矯正相談

    先ず最初にお悩みを伺います。
    診察を行い現在の状況や問題点を確認し、治療内容についてのご説明を行います。

    相談は無料です。まずは一度ご相談ください

  2. 精密検査

    レントゲン撮影

    顔貌写真、口腔内写真撮影

    iTero( 3次元光学スキャナー)による歯並びデータ採取

  3. シュミレーション・治療計画作製

    精密検査で採取したデータをアライン・テクノロジー社に送付します。
    それらの資料を元にお口の状態を再現し、治療計画の元になる3Dモデルが作製されます。
    そのデータを担当医が何度か修正を加えて、最終的な3Dモデルが完成します。
    計画が完成するまでに1ヶ月程度の期間が必要となります。

  4. 治療計画の説明・契約

    完成した3Dモデルをご覧いただきながら、実際の治療計画のご説明をします。
    計画に充分ご納得いただければ治療契約を行います。
    契約完了後、「アライナー」作製に入ります。
    「アライナー」注文から完成までに3週間程度の期間が必要となります。

  5. 治療開始

    「アライナー」が到着したら治療開始です。
    最初にアタッチメントという装置を歯に装着します。
    不正咬合の状態によっては、歯を並べるスペースを確保するためIPRを行う場合があります。

    IPRとはInterProximal Reduction(隣接歯間の削合)の略で、歯と歯の間にヤスリをかけ、足りない歯の隙間を作る処置です。インビザライン治療ではよく行われます。削合は歯の健康や寿命に問題のない安全な範囲で行われます。

  6. 定期チェック

    1〜3ヶ月毎に来院いただきます。
    「アライナー」の適合状態のチェックや装着時間の確認を行います。

  7. 治療終了

    予定した「アライナー」を最後まで使用していただいた後、噛み合わせの確認を行います。
    微調整が必要な場合は再度データ採取し、修正用アライナーを作製します。
    歯がきれいに並び、噛み合わせも良い状態になれば治療終了です。
    治療終了後は保定に入ります。

  8. 保定

    綺麗になった歯並びを維持するためにリテーナーと呼ばれる保定装置を装着いただきます。
    「アライナー」とよく似た「ビベラリテーナー」という取り外しの装置や、歯の裏側に細いワイヤーを装着して固定する装置などを使用します。
    保定の期間は、少なくとも矯正治療を行った期間と同じ期間が必要です。

診療についての注意事項

完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

「アライナー」を22時間以上装着できない場合、歯の移動が十分に行われずに、想定した治療結果が得られない場合があります。

「アライナー」を装着したまま、糖分の含まれる飲み物や、酢や炭酸など酸の強い飲み物を摂取するとむし歯になるリスクが高まります。

矯正治療中にむし歯治療の必要が生じた場合には、「アライナー」が歯に適合しなくなる為、再度治療計画を立て直さないといけない事があります。

歯の移動を効果的に行えるようにアタッチメントという器具を歯の表面に装着します。アタッチメントの装着ができない場合には、インビザラインによる治療ができない事があります。

歯列不正が重度の場合にはインビザライン治療ができない場合があります。

矯正治療終了後において後戻りを防ぐ保定装置の装着が十分でないと歯並びが悪くなる事があります。

インビザライン治療における特徴的な装置

  • iTero(3次元光学スキャナー)

    通常は印象材という歯の型をとる材料を用いてお口の模型を作製し治療計画を立てるのに使用しますが、当院ではiTeroを導入しているため、嘔吐反射がある方でも負担が少なく、精密な歯並びのデータを取ることができます。
    データとしてアライン社に送付できるため、型取りした物と比べ輸送時の変形などの心配がありません。

  • アタッチメント

    インビザライン治療では効果的に歯を移動させるために歯の表面に小さな突起物を接着する装置です。様々な種類が有り、歯の移動方法によってアタッチメントの形状や数、設置位置などをシュミレーションし、組み合わせて使用します。アタッチメントはインビザライン治療において、とても大切な装置です。

  • 「アライナー」の素材

    「アライナー」はポリウレタン製の薄い透明な素材で出来ています。この素材はSmart Trackと呼ばれ、従来よりもしなやかで応力の持続性のある素材になりました。この素材を使用する事で弱い力を持続的にかける事ができ、歯の移動に伴う痛みが軽減されています。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
Available
Booked
Changeover

午前診療 / 08:15~12:30

午後診療 / 14:15~18:00

※土曜日の午前の診療は13:00までです。